postさん 女 30代 自営業 混合肌

10代の頃から、ニキビに悩まされ、(今は30代)今まで化粧水を数多く使ってきました。

若い頃は、イオウが入っている、物を試してみたりもしましたが、やけどする、方もいると薬局の方に聞きやめました。

角質のターンオーバーが、上手く出来ないと、ニキビが出来きると、聞けば、「メラニンを拭き取る」化粧水を試しましたが、10代の頃は、残念な事に自分に、あった化粧水が見つからないまま 新しく発売するニキビ用の化粧品を試すだけでした。

肌は混合だと言われていましたが、乾燥を感じる事はなく、オイリーな肌が嫌でした。

20代には、化粧品負けから、今までに無いくらい、の顔全体にぶぁ~とニキビが悪化した状態になり、スキンケアーをあらためて、心がける事になりました。

化粧水は、ニキビが大きい所に殺菌効果のある物と、顔全体に美白効果のある物をつけ。ニキビの薬をニキビ部分につけ、ベタつく事が、嫌で余り塗っていなかった、乳液をつける様にしました。

真面目にケアしたお陰で、肌状態は、落ち着き、ニキビもそれ程は、悩まなく、なりました。

昔と変わった所はテカりもですが乾燥するとニキビが、悪化する事です。

そのため私は、さっぱりタイプが、好きなのですが、それなりにベタつく感じがしない物は、しっとりタイプの化粧水にも使う様になりました。

若い頃愛用していたのは、「DHCアセロラシリーズ」でした。

今は肌に合わず乾燥を感じるので、「リプロスキン」を愛用しています。

やはりニキビの状態や、肌によっては、充分、ニキビに効果が得られない場合がありますので、ニキビ用で売られている物で選んだほうが良いです。

まず自分の、今の肌状態をしった上で、化粧水を選ぶ、のは大切な事だと思います。

rankcheck