りらりらさん 女 40代 主婦 混合肌

思春期に多い悩みとして、ニキビ肌があります。

これは思春期独特のものであり、一気に増えますが、同時に思春期が終わると治りますので、そんなに気にしなくても良いものでもあります。

ニキビが出来る原因としては、ホルモンバランスの崩れがあり、思春期には、ホルモンが過剰に分泌されるために、肌のトラブルが起こりやすくなるようです。

しかし、いくら治るとはいっても、ニキビは気になるものです。

特に女性の場合ですと、ニキビがあることで、顔も暗くなりがちですし、化粧も上手く出来ないと悩む人も多いのではないでしょうか。

そのような場合には、殺菌効果のある化粧水を使用することがおすすめです。

特におすすめのものとしては、私達にも馴染みがある緑茶です。

緑茶はビタミンCも豊富に含まれており、ニキビに働くだけではなく、シミの改善にも効果的です。

緑茶を使った化粧水も、グリセリンと緑茶粉末などで簡単に作ることが出来ます。

濃い目に作った緑茶に、グリセリンを入れると完成ですので、たっぷりと作って、身体全体に使用しても良いですね。

緑茶の香りがストレスを軽減して、リラックス効果もありますし、費用もそんなに掛りません。

ニキビに使用すれば、顔もさっぱりとしますよ。