思春期にできるニキビではなく、大人でニキビに悩む人も少なくありません。ニキビは余分な皮脂が原因でできるものですが、乾燥肌なのにできてしまうという人はスキンケアに困ります。

肌が乾燥してかさかさしているにも関わらず、額などにニキビができてしまうとどんな化粧水を使っていいのかわからなくなります。

乾燥肌で水分が不足すると、角質が固くなってかさついた状態になります。

毛穴も細くなり皮脂や汚れが貯まり易くなっている状態です。

一方で、肌が乾燥しすぎると皮脂が過剰に分泌してしまい、部分的にてかったりするのです。

そして過剰に分泌した皮脂は固くなった角質にとどまり、雑菌などによって炎症を起こすという悪循環になります。

これが大人ニキビと言われるものです。

肌の皮脂バランスがくずれるとターンオーバーも正常に行われなくなります。

正常に行われた場合はニキビ状のものができても、古い角質がはがれて細胞が新しくなるので治ってしまうものです。

つまりターンオーバーがきちんと行われるように、肌の内部を健康な状態に戻す必要があるのです。

こうした乾燥による皮脂のトラブルを改善してくれるのがニキビ化粧水です。

角質の保湿のもととなるセラミドに働きかけて内部まで水分を浸透させ、皮脂バランスを正常にもどしてくれます。

炎症を抑えながら、保湿力を上げることで皮脂の過剰分泌を抑え肌荒れを防ぐ効果があります。

刺激の少ない洗顔料などと組み合わせるとより効果が出て、ニキビが改善ししっとりした皮脂バランスの整った肌になります。